八木保次

八木保次
八木伸子

八木伸子
赤塚可也子「Shell Pink」

赤塚可也子「Shell Pink」
今村紀子「黄昏」

今村紀子「黄昏」
岩崎ますみ「果物」

岩崎ますみ「果物」
黄倉和子「夕食の支度」

黄倉和子「夕食の支度」
大澤宏子「裸婦」

大澤宏子「裸婦」
大東奈保子「新緑の季節」

大東奈保子「新緑の季節」
工藤和子「花と人形 I」

工藤和子「花と人形 I」
佐良土敏子「夏の知事公館」

佐良土敏子「夏の知事公館」
高田登志子「シクラメン」

高田登志子「シクラメン」
橘弥生「ゼラニューム」

橘弥生「ゼラニューム」
谷耐子「赤いテーブル」

谷耐子「赤いテーブル」
谷村一美「夏の日」

谷村一美「夏の日」
豊島美恵子「静物」

豊島美恵子「静物」
中村須美子「訪れ」

中村須美子「訪れ」
芳賀淳子「静物」

芳賀淳子「静物」
林田理榮子「水差しと時計」

林田理榮子「水差しと時計」
保坂裕美「バースディ」

保坂裕美「バースディ」
山田陽子「黄色いバックの静物」

山田陽子「黄色いバックの静物」
美水咲子「白菊」

美水咲子「白菊」
リチャード・ジョーンズ「大和撫子」

リチャード・ジョーンズ「大和撫子」
水彩展Ⅳ
(2016/3/28~4/2・AB)
 全道展会員故八木保次、伸子夫妻が東京から帰札したのは35年ほど前ですが、その頃、作家夫婦が初めて弟子を育て始めました。そのユニークな教育によって、北海道の水彩に与えたインパクトは大きいものでした。
 二人の亡き後もその精神を引きついで研究会を保ってきましたがこの度、教室の場の閉鎖を持って旧八木教室を閉じたいと思います。発表メンバーは20名ほどですが、長い人で35年短い人でも2~3年描いています。技術ではなく、お二人の残した精神を観ていただきたいと思います。
ページのトップへ戻る