アメリカでのプロポリス需要

一般的なはちみつが花から蜜を集めるのに対し、プロポリスはミツバチが樹の樹液や芽などから集めた樹脂製混合物です。 はちみつとどう違うのでしょうか?

アメリカ人がサプリに頼る訳

サプリメント大国のアメリカでは、約9割の人がマルチビタミンやカルシウムなどのサプリを摂っているのに対し、アメリカに比べ日本でのサプリメント利用率は約6割と言われています。

プロポリスには非常に強力な殺菌作用や抗菌作用、抗ウイルス作用など、ウイルスや細菌から身を守る作用があるとされています。

日本のミツバチはプロポリスを作ることはないそうです。 そのためプロポリスの効果・効能が日本に入ってきたのは1980年代とごく最近のことです。

アメリカは日本とは違い、国土が広く不便な場所も多いので、なにか急病があった際にすぐ病院に行くというのが難しいため、日頃からサプリメントに頼り健康を維持する人が多いとされています。

プロポリスのサプリ値段は?

国産のプロポリスを探してもなかなかみつからないのは、ニホンミツバチはプロポリスを作らないからなんですね。 プロポリスはその量に対しわりと高価で微量しか採れないなものです。

プロポリス摂取量は200mgを3〜5錠程度とされていますが、200mgはドリップコーヒー1杯に含まれるカフェインの量とだいたい同じです。

プロポリスは1錠50円くらいからですので、コーヒーを飲むのを我慢してプロポリスを飲む価値はありますよね。 健康がお金で買えるのはありがたいことです。

プロポリスの効能とは

口内炎から自律神経失調症、花粉症や円形脱毛症、肝炎や肺結核まで幅広く効能が認められるプロポリスですが、病気だけでなく火傷やしもやけ、切り傷などの怪我にも効くそうです。

また抗菌・殺菌作用だけでなく、既存の抗生物質が効かないようなウイルスなどにも抗ウイルス作用をもち、肺炎や関節炎、気管支炎などの炎症を抑える効果もあるそうです。 さらに、抗ガン剤に代わってガンの免疫療法にプロポリスが使われています。

プロポリスのもつ免疫賦活作用を用いて免疫力を高めることで、ガンに対抗すると言われています。 プロポリスによる免疫療法がガン治療の決め手となることを期待され、研究が進められています。

まとめ

プロポリスにはさまざまな効果・効能がありますが、毎日の缶コーヒー代でこれほどの作用のあるサプリメントは、ぜひ活用して健康な日々を送りたいものですね。 いつもはつらつと健康体でいれば、病院に行くことも減り、病院代も浮くかと思います。

市販薬や処方薬は科学的に作られたものなので、なんらかの副作用がありますが、プロポリスは100%天然由来なので副作用はないとされています。 副作用がないのは嬉しいですね。

ウイルスや細菌から身を守る免疫力は、人にもともと備わっているものですが、プロポリスを活用して免疫力をさらに高めることができます。